こんにちは。
トレーナーのYUKINACKSです。


今回はダイエットのよくある勘違いについてです。
ダイエットというと『有酸素運動』は必須だと思ってませんか??
実はこれ....間違いなんです!!




ダイエットにおいて有酸素運動はかなり効率が悪いです。
これは持論ではなく多くのプロトレーナーが断言してます。
では効率が悪いといのはどういうことなのか?? 









有酸素運動は省エネモードになる 



有酸素運動はやればやるほど、その動きに体が慣れていき効率よく動ける省エネモードになります。
これはダイエットにおいて望ましくないことです。
『効率よく動ける体』とは『少しのカロリーで動ける体』という意味です。


マラソン選手にとってはいいことですが、
痩せるために消費カロリーを稼ぎたい人には残念なことです。


よくジムのマシンや運動アプリで消費カロリーが表示されますが
ずっとそのカロリーが消費され続けるわけではないのです。




カロリー消費を増やすには運動時間や距離を増やす必要があります。
どうでしょう??日々運動時間を増やしていくのって大変ですよね??
なので有酸素運動は効率が悪い運動と言われているのです。




趣味で行う有酸素運動は良いことです。
楽しみの1つになりますしストレス発散にもなります。
ここで伝えたいのは
『運動が嫌いなのに痩せるには有酸素運動が必須だと勘違いして
頑張ってませんか??』

ということです。











脂肪は20分以上運動しないと燃焼されない。は嘘


よく脂肪燃焼は20分から始まると言われますがそんなことありません。
5分でも10分でも脂肪は燃焼されます。



もちろん消費カロリーを稼ぐなら同じ強度(速さ)として
5分よりも10分、10分よりも20分の方が消費されます。


そして連続して行わなくても大丈夫です。
5分の有酸素運動を数回行ってもいいのです。












有酸素運動をするなら筋トレ後に行いましょう


筋トレをすると脂肪を分解する成長ホルモンやアドレナリンが分泌されます。
有酸素運動はこの分解された脂肪を燃焼します。



有酸素運動を先にすると脂肪を分解する成長ホルモンやアドレナリンが分泌が低下します。
なので筋トレで脂肪分解→有酸素運動で脂肪燃焼という順番が正しいです。





*筋トレと有酸素運動をしても結局食事で
摂取カロリー>消費カロリーになっていれば痩せません。
カロリー収支をマイナスにすることは必須です。











有酸素運動をするならEPOCを上手く利用しよう

人間の体は激しい運動後の方が脂肪燃焼効率が高まります。
これをEPOC(運動後過剰酸素消費量)と言います。
EPOCは数時間続くと言われています。




EPOCを最大限に引き出す運動として注目されてるのが
『HIIT』(High-intensity interval training)です
息が上がる運動を数十秒間行い、その後10〜20秒休憩します。
これを数セット繰り返します。
タバタ式トレーニングという名前でも日本では知られています。










 











まとめ


・有酸素運動ばかりでは省エネモードになる
・脂肪は20分以上でなくても燃焼される
・有酸素運動するなら筋トレ後にしよう
・効果的な有酸素運動はHIIT







自宅にいながらダイエット指導が受けられるオンラインダイエットパーソナル。
『成功者続出!!-15kg痩せた方法を提供します』




オンラインダイエットパーソナル



1ヶ月密着パーソナル!!
このプラン、みなさん驚くほど結果出てます。
『本気で痩せたい方限定‼︎1ヶ月密着指導いたします』




以下ダイエットマガジンです。


初回無料
『−15kg実証済み〜2週間で痩せ体質になれる方法〜』





ダイエットの基礎から応用までこれ1つで
手に入ります。
『ダイエットに成功したい人がみるnote』





週2回でオッケー!!食事アドバイスあり。
『1ヶ月ダイエットプログラム〜自宅筋トレver.~』




出産前より綺麗になる!!
産後ダイエットしたい方はこちら。
『500円!!産後ダイエット攻略デジタル本』