出産レポの続き。
その1はこちらから。






助産師さんの予測を裏切る私

病院に着いたのが朝7時。
この時点で子宮口は4cm開いてました。


助産師さんは、初産だしお昼過ぎまでかかるかもねーと言ってました。



えっこの痛みがお昼すぎまで続くの?
無理やって。
次があるなら無痛分娩がいい...と心底思いながら陣痛室へ。



ずっと下痢ぴーでリバースな私の胃腸はからっぽだったので出産パワーをつけるために
主人が買い出しに行ってくれました。



買い出しに行ってから数分後...
やばい!!う◯ちがでそう...お食事中のかたすみません。
助産師サーーーん!!



助産師さんに伝えると、出してもいいとのこと。
初めましての助産師さんに見守られながら私は踏ん張りました....



すると
「あっこれう◯ち違うわ。赤ちゃんやわ。あっもう産まれるわ!!」とのこと。


なにそれ!!
う◯ちと思ったら赤ちゃんて。
で、もう産まれんの?!なにこの急展開。



もう産まれるというものだから急いで分娩室へ移動。






間に合ったひとと間に合わなかったひと


分娩室で助産師さんは他の助産師さんたちに応援要求。
 

もうすぐ産まれますーと伝えてた。
聞いてる感じではあと30分くらいのトーン。
 

で、もろもろ呼吸の仕方とかを怒られながら...。
力んだらあかんて言うけど力まなやってられへんねんもん。


この時わたしは筋トレよりヨガをしてればよかったと心底思いました。



でまたまた急展開。
もう出てきてるとのこと...。
う◯ちではなく赤ちゃんが。



ここで助産師さんが気づく。
「ご主人どこいったん??」


私は知っている。
主人は買い物が遅い。
そもそもマイペースすぎて時間感覚は沖縄県民並。


もうこのまま立会いなしかなと思ってたら
ウィーンと分娩室の扉が開きました。


主人登場。
陣痛室から私が消えていたので探していたそう。笑


ニコニコしながら
「いっぱい買ってきたで!!」と
買い物袋を見せてくれました。


ですがそれにかぶせるように助産師さんが
「もう産まれるから!!」
と一撃。



主人は目がテン...。
えっ昼過ぎちゃうの??まだ8時すぎやで??
という顔。


 
主人は言われるがままに私の肛門さまにテニスボールを押し当てて痛み逃ししてくれたり水を飲ましてくれたりしました。


ここで女医さん登場。
赤ちゃんの出口をみて
「ちょっと狭いかなぁ。少し切るわ」
と....


マジかー!!会陰マッサージしたのにー!!


ハサミでジョキンっかと思ったら女医さんがとりだしたのはカッターみたいなやつ。


それみて私は
「このひと急に来てカッターであそこ切って...恐ろしいひとやな」
と失礼なことを思ってました。わら


それが仕事だし母子のためんだけども。


切られた痛みはホントに感じなかった!!
主人も普通に見れていたのがビックリ。


ここから早かったです。
もう1人の助産師さんが登場してイキむタイミングを教えてくれました。


「........はい!今!!!」


ふむーーーーーー!!!!


「はい、リラックスーーー」


ふぅーーーー。


「........はい、今!!!!」


ふむーーーーーー!!!!


「はい、リラックスーーー」


ふぅーーーー。


「........はい、今!!!!」


ふむーーーーーー!!!!

とイキムこと3回目。


「はい、でたーーー!!!おめでとうございますーー」


えっでたん?!うそやん。と思って前をみると
おるやん!!ちっさい人間おるやん!!
しっかり泣いてるやん!!


主人は何と「うわわ。すげー」と言いながら
出てくる瞬間を写真に収めてくれてました。

よく撮れる余裕あったな。


そして無事産まれたあと分娩室の扉がウィーン。
2人の助産師さんが登場。

「あれ?もう産まれた??早かったねぇ」

助産師さんも間に合わないほどのスピード出産でした。





取り残されるわたし

出産後少し赤ちゃんを抱っこさせてもらい主人3人で写真を撮ってもらいました。


後から見たらモザイクかけるところ丸写りでした。笑


その後 胎盤を出すためにお腹をグイグイおされる...そしてスルンと胎盤誕生。

これがなんとも言えない快感でした。


そして赤ちゃんはカラダを拭いたりなんだかんだチェックするのか奥へと連れていかれました。


助産師さんをはじめ主人も赤ちゃんと共に消えていきました。


分娩台に取り残されたわたし....
もう誰もわたしに興味ないのね....笑...泣。


あっ女医さん残ってくれてる。
と喜んでたら
「じゃあ切ったところ縫うわね」
と言って淡々と縫ってくれました。


またもや失礼ながら
「この人は急に来てカッターであそこを切って、切ったと思ったら次は縫って....えらいツンデレやな」
と思ってました。


縫い終わったらそそくさと退場。
その背中に一礼をさせていただきました。


ふと横をみると主人が椅子に座ってました。
その胸には赤ちゃんを抱いてました。 


えっもう抱いてるやん!!
早速パパしてるやん!!
私のほう全然みてへんやん!!笑


そのあと初めての授乳をしました。

母乳の出がすごくいいタイプなので完全母乳で今のところいけてます。

この時は助産師さんが無理やり赤ちゃんの口を私の乳首に押し付けて飲ませてました。笑






率直な感想

出産の感想ですが...

まずは陣痛痛すぎ。
これを今回の私の何倍もの時間を耐える人がたくさんいるわけで....尊敬のかたまりでしょ。


痛みに耐えてこその出産だ...という意見を総無視してでも次回は無痛分娩を希望したい。 


この気持ちが今後どう変化していくのか...。
こればかりは医療制度やその時の心境にもよるだろうなぁ。



次に、感動というより安心しました。
泣くかと想ってたけど泣きませんでした。
それより無事産まれたことにホッとしました。



そして、主人が想像以上に冷静で想像以上に嬉しそうでした。
注射も苦手な主人がなにもビビることなくずっと支え続けてくれてしかも出産の瞬間の写真まで撮ってくれて驚きました!!


出産後はホントに赤ちゃんに夢中!!
現在も育児に積極的に取り組んでくれていてすごく嬉しく感謝してます。



いやはや
ホントに妊娠期間と出産も短かったのか長かったのかよく分かりませんでした。


私らしいなと思うのは出産当日まで筋トレをしていたことです。笑


これからはダイエットやボディメイクのことだけでなく育児のことも発信していきたいです!!
新米パパママ楽しくやっていきます♫


長くなりましたが最後までお読みいただきありがとうございました(*'▽'*)♫


Wud6gxMFlJ.JPG




ダイエットに成功したいひと専用note発売中
*課金なしの1000円買取型
*記事が今後も増えていく特典つき
*現在60記事近くあり





オンラインダイエットサポート1000円
*個人に合わせたダイエットの栄養計算します
*.自宅orジム用の筋トレメニュー作成
*食事サポートあり



筋トレyoutubeチャンネル